人気ブログランキング |
ブログ


社会保険労務士法人 人事パートナーズの従業員のブログです
by jinjipartner
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
法改正が行われます。
at 2019-03-29 10:07
確定申告
at 2019-02-25 17:56
平成最後の年
at 2019-01-21 10:13
年末
at 2018-12-21 09:29
年末へのカウントダウン!
at 2018-11-21 17:58
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
労働保険の年度更新
労働保険の保険料は、毎年4月1日から翌年3月31日までの1年間を単位として計算されることになっておりその額はすべての労働者に支払われる賃金の総額に事業ごとに定められた保険料率を乗じて算定することになっています。
労働保険は、保険年度ごとに概算で保険料を納付し保険年度末に賃金総額が確定したあとに精算する方法をとっており事業主の方は、前年度の保険料を精算する為の確定保険料の申告・納付と新年度の概算保険料を納付する為の申告・納付の手続きが必要となります。これが「年度更新」の手続です。
年度更新の手続きは毎年6月1日から7月10日までの間に行わなければなりません。
手続きが遅れますと政府が保険料・拠出金の額を決定し、さらに追徴金を課すことがあります。
(納付すべき保険料・拠出金の10%)


愛知県 名古屋 社労士 人事パートナーズ 森

# by jinjipartner | 2017-05-22 17:22
短時間労働者に対する社会保険の適用拡大について
平成29年4月から従業員500人以下の企業におけるパートタイマーなどの
短時間労働者にも社会保険(健康保険・厚生年金保険)の適用が可能となりました。

従業員501人以上の企業では、平成28年10月から、
短時間労働者への社会保険の適用範囲の拡大が実施されています。

平成29年4月からは従業員500人以下の企業においても
次のアまたはイに該当す る事業所に勤務する短時間労働者も 健康保険・
厚生年金保険に加入することが可能です。

ア.労使合意 (働いてる方々の2分1以上と事業主が社会保険に
   加入することに合意すること) に基づき申出をする法人・個人の事業所
イ.地方公共団体に属する事業所

パートタイマーなどの従業員を多く雇用していらっしゃる企業様等は
一度ご検討するのもよいかもしれません。

岡田
# by jinjipartner | 2017-04-25 17:52
残業上限
残業時間の上限を月100時間未満とする計画が決まりました。

現在では特別条項付の三六協定を締結した場合は
事実上上限なく残業することが可能です。

法改正案は秋に国会に提出される見込みで
現状残業時間が長い会社にとっては
労務管理や体制を見直す必要があります。

過労問題も取りざたされており、
早めに残業時間解消に向けた取り組みが求められてくると思われます。




本藤
# by jinjipartner | 2017-03-31 23:14
社会保険料率の変更
2月も今日で終わり、明日から3月です。

3月から愛知県の協会けんぽの健康保険・介護保険の料率が以下の通り変更になります。
・健康保険料率9.92%
・介護保険料率1.65%

当月徴収であれば、3月支給の給与から、翌月徴収であれば4月支給の給与から
保険料を変更する必要があります。

また、雇用保険料率についても改定案も国会に提出されており、
4月からは以下の通り変更が予定されています。
・一般の事業
 本人負担3/1000 会社負担6/1000

・農林水産・清酒製造の事業
 本人負担4/1000 会社負担7/1000

・建設の事業
 本人負担4/1000 会社負担8/1000

来月再来月と変更すべき点があるため給与計算される際はご注意下さい。
なお、弊社では給与計算代行も行っております。
アウトソーシングをお考えの企業様はお気軽にご相談下さい。

愛知 名古屋 社労士 人事パートナーズ 齋藤



# by jinjipartner | 2017-02-28 18:46
雇用保険の適用拡大について
雇用保険法の改正で、平成29年1⽉1⽇より65歳以上の方も雇用保険の適用対象となります。

これまで、65歳以上の方は、雇用保険に新規に加入することはできませんでした。
今回の法改正に伴い、平成29年1⽉1⽇以降、65歳以上の労働者についても、
「⾼年齢被保険者」として雇⽤保険の適⽤の対象となります。

対象は、下記のとおりです。
① 平成29年1⽉1⽇以降に新たに65歳以上の労働者を雇用した場合
② 平成28年12月末までに65歳以上の労働者を雇用し、
  平成29年1⽉1⽇以降も継続して雇⽤している場合
③ 平成28年12⽉末時点で⾼年齢継続被保険者である労働者を
  平成29年1⽉1⽇以降も継続して雇用している場合

1週間の所定労働時間が20時間以上であり、31⽇以上の雇⽤⾒込みがあること場合、
加入する必要があります。
また、①については、被保険者となった日の属する月の翌月10日までに提出
②については、提出期限の特例があり、平成29年3⽉31日までに提出することとなっています。

また、雇用保険では、毎年4月1日時点で満65歳以上の方の雇用保険料は免除されていました。

こちらも今回の法改正で変更となり、今後、保険料の免除制度が廃止となります。

ただし、一定の経過措置が設けられ、65歳以上の方の雇用保険料の徴収は、
平成31年度までは免除となります。

65歳以上の従業員がいらっしゃる企業様、今後雇用予定のある企業様は
手続きの必要があるため、ご注意下さい。

岡田
# by jinjipartner | 2016-12-27 19:15