人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログ


社会保険労務士法人 人事パートナーズの従業員のブログです
by jinjipartner
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
2024年 05月
2024年 04月
2024年 03月
2024年 02月
2024年 01月
2023年 12月
2023年 11月
2023年 10月
2023年 09月
2023年 08月
2023年 07月
2023年 06月
2023年 05月
2023年 04月
2023年 03月
2023年 02月
2023年 01月
2022年 12月
2022年 11月
2022年 10月
2022年 09月
2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
6月は事務処理が多い月・・・
at 2024-05-31 11:26
定額減税について
at 2024-04-24 14:14
労働条件明示のルールが改正さ..
at 2024-03-28 14:50
健康保険料率が変更します。
at 2024-02-26 17:52
新年あけましておめでとうござ..
at 2024-01-29 17:10
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
協会けんぽ健康保険料率、雇用保険料率が改定されます

こんにちは。春の陽気を感じる日が増えた一方、時折吹く冷たい風に冬の名残を感じる日々ですが、いかがお過ごしでしょうか。


この年度替わり、全国健康保険協会の健康保険料率・雇用保険料率が改定されます。


全国健康保険協会、いわゆる協会けんぽの料率が令和53月分より変更となります。

保険料の従業員負担分を翌月の給与から徴収している場合は、4月支給給与徴収分から新料率が適用ということになります。


例えば、愛知県の料率は以下のとおりです。

健康保険料率:9.93%(旧)⇒10.01%(新)

※介護保険料率:1.64%(旧)⇒1.82%(新)


各都道府県で料率が異なりますので、詳しくは下記リンクよりご確認ください。

令和5年度保険料額表(令和5年3月分から) | 協会けんぽ | 全国健康保険協会 (kyoukaikenpo.or.jp)


なお、健康保険組合に加入されている会社様につきましても年度替わりに料率の改定が行われることがあるため、各組合に一度ご確認いただくと良いかもしれません。


また、雇用保険料率については令和5年41日から事業主分、労働者分ともに11000ずつの負担増となります。


一般の事業の場合は下記のとおりです。

 (旧)13.51000(事業主負担:8.51000、労働者負担:5.01000

 (新)15.51000(事業主負担:9.51000、労働者負担:6.01000


農林水産・清酒製造の事業、建設の事業の場合は、上記の保険料率とは異なりますので、詳細は下記リンクをご参照ください。

令和5年度雇用保険料率のご案内.pdf (mhlw.go.jp)


三寒四温の寒暖差で体調など崩されませんよう、慌ただしい年度替わりをどうにか無事乗り切りましょう。


社会保険労務士法人 人事パートナーズ 木村


# by jinjipartner | 2023-02-28 09:04
新年あけましておめでとうございます。

新年あけましておめでとうございます。

遅ればせながら謹んで新年のご挨拶を申し上げます。


さて、今回は雇用調整助成金(特例措置)・緊急雇用安定助成金の期間についてお伝えさせて頂きます。

緊急雇用安定助成金とは、新型コロナウイルスの影響で創設された、パートやアルバイトなど雇用保険未加入の方を対象とした助成金です。

現時点での厚生労働省の決定事項では、

雇用調整助成金(特例措置)・・・令和53月末日まで特例措置(コロナ特例)の延長(経過措置)が決定

緊急雇用安定助成金・・・令和53月末日終了予定(申請期限20235月末日)

また、厚生労働省の決定事項では、雇用調整助成金の制度は、令和54月以降も継続しますが、

特例措置(コロナ特例)については、新型コロナウイルス感染症の感染状況や雇用情勢を踏まえながら検討の上、

改めてお知らせしますとのことです。その為、日々情報のアンテナを張り巡らす必要がございます。


まだまだ予断を許さない状況ではありますが、皆様もくれぐれも体調を崩されない様にご注意ください。

社会保険労務士法人 人事パートナーズ 長谷川


# by jinjipartner | 2023-01-31 09:35
今年も一年ありがとうございました

皆様、こんにちは!

寒い日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか。

今年も一年ありがとうございました。

今年は、いくつもの法改正が重なり、対応に追われる方も多かったのではないでしょうか。

来年4月からは、中小企業の月60時間を越える時間外労働の割増賃金率が引き上げられます。(現在25%⇒50%)

就業規則(賃金規程)の変更が必要になる場合がございますのでご注意ください。

https://www.mhlw.go.jp/content/000930914.pdf

(引用:厚生労働省)

今年は、3年ぶりに行動制限のない年末年始を迎えますが、風邪をひいたり新型コロナウイルスに感染したりしないよう、お気を付けて良いお年をお迎えください。

来年もぜひよろしくお願いいたします。


愛知 名古屋 人事パートナーズ 田中


# by jinjipartner | 2022-12-26 16:07
1年を振り返って
 気づいてみれば、今年もあと1ヶ月、あっという間の一年でした。
一年を振り返ってみれば、法改正の多い一年だったと感じています。
一例を申し上げますと、育児介護休業法の改正、社会保険適用拡大、
中小企業に対するパワハラ防止の義務等が施行されました。
来年も60時間以降の残業に対する割増賃金率の改定等がすでに決まって
います。皆様も漏れのないようにご対応をお願い致します。
 また、今年も年末調整の時期が到来しました。従業員の皆様は、
配偶者や扶養者の所得を正しく扶養控除申告書への記載をお願い致します。
所得に大きな差異がございますと来年税務署より扶養控除の見直しの
書類が届き、年末調整のやり直しになる可能性がありますので
扶養控除の申告は的確にお願い致します。

人事パートナーズ 滝

# by jinjipartner | 2022-11-30 09:02
令和4年10月から一部の短時間労働者について社会保険加入が義務化されます。

みなさま、こんにちは。

日増しに秋が深まり、朝晩は肌寒さを感じることも多くなりましたが、お元気でお過ごしでしょうか。

令和4101日から育児・介護休業法等、多くの法律が改正されました。

その中で今回は、「社会保険適用拡大」についてお話し致します。

近年、ワークスタイルや価値観の多様化により、フルタイム勤務ではなくパートやアルバイといった多様な形で働く労働者が多くなってきております。その為、多様な形で働く短時間労働者の社会保障を手厚く、より多くの方が加入できるように今回の改正がなされました。

社会保険適用拡大の対象となるのは、従業員数が101人以上の企業において以下の要件に全て該当する方が社会保険加入となります。

.週の所定労働時間が20時間以上

.月額賃金が88,000円以上

.学生ではないこと

傷病手当金や出産手当金など充実した医療保障を受けることができたり、将来受け取れる年金が増額するなどメリットがありますが、その一方でこれまで扶養の範囲内で働いていた人は社会保険料の負担が発生する分、手取り額が少なくなる等デメリットがございます。

今回の改正で該当しそうな方は、社会保険に加入するメリット・デメリットを理解したうえで、今後の働き方を考えてみてはいかがでしょうか。

【厚生労働省 適用拡大特設サイト】

https://www.mhlw.go.jp/tekiyoukakudai/index.html

今年もあと2ヶ月となりました。事務仕事をされている方は年末調整に向けて準備されていることだと思います。申告内容・書類の不備が無いよう念入りに準備されてみてはいかがでしょうか。

社会保険労務士法人 人事パートナーズ 小森


# by jinjipartner | 2022-10-20 13:03