ブログ


社会保険労務士法人 人事パートナーズの従業員のブログです
by jinjipartner
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ゴールデンウィークと言えば…
at 2018-04-27 18:00
保険料率が変更になります
at 2018-03-29 14:51
育児休業給付金の延長
at 2018-02-27 10:49
平成30年4月に本格運用 「..
at 2018-01-29 14:11
平成30年より 配偶者控除が..
at 2017-12-22 19:37
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ゴールデンウィークと言えば…
みなさん、こんにちは

明日からはゴールデンウィークですね
長い方だと9連休!
文字通りの大型連休です

羨ましい限りですが、その間もお仕事をされ
陰ながら連休を支えてくれている方々には本当に感謝しなくてはいけないですね

私たちもカレンダーとおりのお休みをいただくのですが
どうしても気になってしまうのが、仕事柄でしょうか…給与計算です!

お取引様の給与計算をさせて頂くことも多いのですが
月末に給与を締められる企業様は多く、
月初の祝日、特に5月のゴールデンウィークや11月の文化の日などは
毎年分かっていながらもスケジュール調整に苦慮してしまいます。

とは言っても、お給料といえば私たちの生活の基本になるもの
給与計算!
という作業にならずに、その先にあるみなさんの生活が何事もなく
スムーズに回っていくように陰ながら頑張っていきたいと思います!

そして、それを一緒に支えて頂いているお取引先のご担当者様
各々の会社で労務を担当されているみなさん

社内の調整、私たちが思っている以上に大変だと思います。
お取引様には普段もお伝えしていますが、労務を担当されているみなさん
この場を借りて改めて…伝えさせてください


【本当にいつもありがとうございます!】


お仕事の話ばかりになりましたが
愛知県の明日の最高予想気温は27度!
名古屋では今週4月25日より大きなビール祭りも開催されていますので
仕事とプライベート、メリハリをもって楽しんでいきたいですね

それではみなさん
良いゴールデンウィークをお過ごしください

愛知 名古屋 社労士 人事パートナーズ 森

[PR]
# by jinjipartner | 2018-04-27 18:00
保険料率が変更になります

桜が満開になり始め、春らしくなってまいりました。

この季節になると、気持ちが新たになります。

何事も初心を忘れずにいることは、大事ですね。

さて、4月と言えば、新入社員・異動等なにかと慌ただしい、季節です。

それに伴い、各種保険の手続き、異動に伴う諸手続き、昇給など、

会社側の手続きも増えます。

例年通り3月分給与から、協会けんぽの料率も変更になります。

本年の変更の料率は

健康保険   
 ・愛知県  9.92%→9.90%
 ・岐阜県  9.95%→9.91%
 ・三重県  9.92%→9.90%

  介護保険 
        1.65%→1.57%(全国共通)です。

労働保険の料率は4月から変更になります。

(原則として3年ごとの改定)


 今回、引き上げ3業種、据え置き31業種、引き下げ20業種で

 0.47%→0.45%へと全体的には引き下げとなります。

雇用保険料率に関しては、平成29年から変更はございません。

今後、労働保険の年度更新、社会保険の算定などもあり、

まだまだ、勉強の毎日です。

愛知県 名古屋 社労士 人事パートナーズ 松本  


[PR]
# by jinjipartner | 2018-03-29 14:51
育児休業給付金の延長
先日、近所の保育園のそばを通ったときに、スーツ姿のお母様がお子様をつれて出てくるところをみました。
このご家族は、入園希望が無事にかなったのでしょう。

しかし、現状では入園希望を出してもかなわなかったご家族も多くいらっしゃるかと思います。
雇用保険には、育児休業をしている間の給付として育児休業給付金があります。

条件がそろえば平成29年10月から育児休業給付金の支給の対象期間が
お子様が2歳に達するまで延長申請できるようになりました。

お子様の保育所等における保育の実施が行われなかった場合で、
育児休業給付金の延長を申し出る場合には
保育利用申込書や保育利用保留通知書など必要な書類がありますので、
お手元に届きましたらこれらの書類を大切に保管しておく必要があるようです。
(必要書類についてはハローワークなどで事前に確認しておくとよいかもしれません。)

しかし、お子様が2歳に達するまで育児休業を取るのは現状では難しいのも確かなのではないでしょうか。

平成26年10月1日から平成27年9月30日までの1年間に、配偶者が出産した男性のうち、
平成28年10月1日までに育児休業を開始した人の割合は、3.16%だそうです。
(厚生労働省『平成28年度雇用均等基本調査』結果より)

育児休業給付金は条件次第では2歳まで支給されるようになりましたが、
そのほかにも問題はまだまだ多いように思います。

愛知県 名古屋 社労士 人事パートナーズ 大庭






[PR]
# by jinjipartner | 2018-02-27 10:49
平成30年4月に本格運用 「有期雇用契約における無期転換制度」



昨年1129日の社員ブログでもご紹介しましたように、平成304月より
無期労働契約への転換ルールが適用されます。


同一の使用者との間で、有期労働契約が通算で5年を超えて繰り返し更新された
場合は、労働者の申込により、無期労働契約に転換します。


このルールは、有期労働契約の濫用的な利用を抑制し、労働者の雇用の安定を
図ることを目的としています。



※通算契約期間のカウントは、平成2541日以後に開始する有期労働契約が
対象です。平成
25321日以前に開始した有期労働契約は、通算契約期間に
含めません。



【申込】


 平成2541日以後に開始した有期労働契約の通算契約期間が5年を超える場合、
その契約期間の初日から末日までの間に、無期転換の申込をすることができます。


この申込は、労働者の権利(無期転換申込権)であり、申込をするかどうかは労働者
の自由です。



【転換】


 無期転換の申込をすると、使用者が申込を承諾したものとみなされ、無期労働契約
がその時点で成立します。無期に転換されるのは、申込時の有期労働契約が終了する
翌日からです。



【更新】


無期転換を申込まないことを契約更新の条件とするなど、あらかじめ労働者に無期
転換申込権を放棄させることはできません。法の趣旨から、そのような意思表示は無効
と解されます。



【クーリング期間】


 なお、有期労働契約期間を通算しなくてよい「クーリング期間」も定められており、
有期労働契約の間に契約のない空白期間が6
カ月(有期労働契約が1年未満の場合は
その契約期間に
2分の1を乗じて得た期間)以上ある場合は、前後の有期労働契約を
通算しないことになっています。



無期転換の権利が発生する時期が迫っています。早期に対策を検討されることをお勧めします。

愛知県 名古屋 社労士 人事パートナーズ 田中


























[PR]
# by jinjipartner | 2018-01-29 14:11
平成30年より 配偶者控除が現在の103万円から150万円に引き上げられることになりました。

同時に夫の年収制限も新たに改正見直しされ、
夫の所得金額が1,000万円を超えてくると配偶者控除が利用できなくなります。
配偶者控除とは、配偶者(妻または夫)の合計所得金額38万円以下
(給与所得での年収なら103万円以下(改正後150万円以下))の場合、
使える所得控除です。

配偶者控除の上に配偶者特別控除があり、
年収が増えると控除される配偶者特別控除も
段階的に減っていき最終的に控除がなくなります。

今回の配偶者控除の改定・見直しに合せて、
配偶者特別控除も141万円から201万円に改定・見直しされます。

配偶者控除を使うことのできる人は、その年の1231日現在で
以下の4つの要件すべてに当てはまる人が対象です。

 
 ・世帯主と生計と共にしている(生計を一にしている)
  < 別居していても生活費が仕送りされている等も該当します。>

 ・民法の規定による配偶者である(事実婚・内縁関係は該当しない)
  <婚姻届が提出されている法律婚の配偶者のことです。>
 ・配偶者の年間合計所得金額が38万円以下 
  <給与収入のみの場合は年収103万円以下>

 ・青色申告者の事業専従者として1年間一度も給与の支払を受けていない、
  白色申告者の事業専従者でない
(例えば個人事業主の夫などから給料を受けている妻のことなど)


150
万円の壁に引き上げといっても、実際には社会保険料のことを考えると
130万円の壁のことも考えなければいけません。

収入が150万円までであればたしかに税金を安くすることができますが、
今までは夫1人分の社会保険料で済んでいたものが、
夫婦それぞれで社会保険料を支払うことになってしまいます。
どういう働き方をしたらいいのか考えてみるといいと思います。

愛知県 名古屋 社労士 人事パートナーズ 松岡



[PR]
# by jinjipartner | 2017-12-22 19:37