ブログ


社会保険労務士法人 人事パートナーズの従業員のブログです
by jinjipartner
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
固定残業制導入のポイント①メ..
at 2017-06-08 08:55
労働保険の年度更新
at 2017-05-22 17:22
短時間労働者に対する社会保険..
at 2017-04-25 17:52
残業上限
at 2017-03-31 23:14
社会保険料率の変更
at 2017-02-28 18:46
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
雇用保険の適用拡大について
雇用保険法の改正で、平成29年1⽉1⽇より65歳以上の方も雇用保険の適用対象となります。

これまで、65歳以上の方は、雇用保険に新規に加入することはできませんでした。
今回の法改正に伴い、平成29年1⽉1⽇以降、65歳以上の労働者についても、
「⾼年齢被保険者」として雇⽤保険の適⽤の対象となります。

対象は、下記のとおりです。
① 平成29年1⽉1⽇以降に新たに65歳以上の労働者を雇用した場合
② 平成28年12月末までに65歳以上の労働者を雇用し、
  平成29年1⽉1⽇以降も継続して雇⽤している場合
③ 平成28年12⽉末時点で⾼年齢継続被保険者である労働者を
  平成29年1⽉1⽇以降も継続して雇用している場合

1週間の所定労働時間が20時間以上であり、31⽇以上の雇⽤⾒込みがあること場合、
加入する必要があります。
また、①については、被保険者となった日の属する月の翌月10日までに提出
②については、提出期限の特例があり、平成29年3⽉31日までに提出することとなっています。

また、雇用保険では、毎年4月1日時点で満65歳以上の方の雇用保険料は免除されていました。

こちらも今回の法改正で変更となり、今後、保険料の免除制度が廃止となります。

ただし、一定の経過措置が設けられ、65歳以上の方の雇用保険料の徴収は、
平成31年度までは免除となります。

65歳以上の従業員がいらっしゃる企業様、今後雇用予定のある企業様は
手続きの必要があるため、ご注意下さい。

岡田
[PR]
# by jinjipartner | 2016-12-27 19:15
育児・介護休業法改正
育児・介護休業法が平成29年1月1日に改正され施行されます。

今回の改正は、妊娠・出産・育児期や家族の介護が必要な時期に離職することなく
働き続けられる雇用環境を整備することが目的とされています。

主な改正内容は以下の通りです。

①介護休業が、対象家族1人につき3回を上限として通算93日まで、分割して取得できるようになります。
②介護休暇が半日(所定労働時間の2分の1)単位で取得できるようになります。
③介護の為の所定労働時間の短縮措置が介護休業とは別に利用開始から3年間で2回以上利用
  できるようになります。
④所定外労働の免除を、介護終了までの期間請求できるようになります。
⑤有期契約労働者の育児休業の取得要件が緩和されます。
⑥子の看護休暇が半日(所定労働時間の2分の1)単位で取得できるようになります。
⑦育児休業等の対象となる子の範囲が拡充されます。
⑧マタハラ・パタハラなどの防止措置が新設されます。

改正に伴い、育児介護休業規程や労使協定も見直しが必要となります。
ご不明点がございましたら是非弊社までお問い合わせください。

愛知 名古屋 社労士 人事パートナーズ 中尾
[PR]
# by jinjipartner | 2016-11-30 16:11
65歳超雇用推進助成金
高年齢者の雇用推進に関する新しい助成金が創設されましたのでご紹介致します。

名称「65歳超雇用推進助成金」

概要としては、以下のいずれかを実施した事業主に対する助成金です。
①定年の廃止、又は66歳以上への定年の引上げ
②65歳への定年の引上げ
③70歳以上の希望者全員を対象とする継続雇用制度の導入
④66 歳以上69歳までの希望者全員を対象とする継続雇用制度の導入

助成額は上記の実施内容により、以下の通りとなります。
①120万円
②100万円
③ 80万円
④ 60万円

助成金の受給にはその他の細かい要件や就業規則の作成・変更、労働基準監督署への
届出が必要になります。

当社では就業規則の作成から助成金の申請代行まで一貫してサポート致しますので、
ご興味ございましたらお気軽にご相談下さい。

愛知 名古屋 社労士 人事パートナーズ 齋藤
[PR]
# by jinjipartner | 2016-10-28 11:44
社会保険料の変更について
今年も社会保険料の変更時期が迫ってきました。

例年は標準報酬月額の定時決定と厚生年金保険料率の改定だけですが
今年はさらに標準報酬月額の下限が引き下がりますので注意が必要です。


<変更内容>
①厚生年金保険料率引き上げ
9月分(10月納付分)から、厚生年金保険料率が181.82/1000になります。
(現在は178.28/1000)

     
②標準報酬月額の定時決定
7月に提出した算定基礎届に基づき決定された標準報酬月額は
9月分(10月納付分)の保険料から適用されます。


③厚生年金保険 標準報酬月額の下限引下げ
10月分(11月納付分)の保険料から、
標準報酬月額の下位に1等級区分が追加され、下限が「1等級 88,000円」になります。
該当する方がいらっしゃる場合にはご注意ください。



愛知 名古屋 社労士 人事パートナーズ 本藤
[PR]
# by jinjipartner | 2016-09-05 12:46
平成28年度最低賃金改定額の目安について
8月に入り気温も非常に高くなってきました今日この頃ですが、
皆さま熱中症等には十分にお気をつけください。

さて、先日今年度の地域別最低賃金額改定の目安について答申のとりまとめが発表されました。

発表された目安は以下の通りです。
Aランク25円、Bランク24円、Cランク22円、Dランク21円

A千葉、東京、神奈川、愛知、大阪
B茨城、栃木、埼玉、富山、長野、静岡、三重、滋賀、京都、兵庫、広島
C北海道、宮城、群馬、新潟、石川、福井、山梨、岐阜、奈良、和歌山、岡山、
 山口、香川、福岡
D青森、岩手、秋田、山形、福島、鳥取、島根、徳島、愛媛、高知、佐賀、長崎、
 熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄

今年度の目安が示した引上げ額の全国加重平均は24円(昨年度は18円)となり、
目安どおりに最低賃金が決定されれば、最低賃金が時給で決まるようになった
平成14年度以降で最高額となる引上げとなります。

上記の目安をもとに各都道府県労働局長が秋頃に平成28年度の地域別最低賃金額を
決定することとなりますので、企業の皆様は最低賃金法違反にならないようご注意下さい。


社会保険労務士法人 人事パートナーズ 水谷
[PR]
# by jinjipartner | 2016-08-08 12:57