ブログ


社会保険労務士法人 人事パートナーズの従業員のブログです
by jinjipartner
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
固定残業制導入のポイント①メ..
at 2017-06-08 08:55
労働保険の年度更新
at 2017-05-22 17:22
短時間労働者に対する社会保険..
at 2017-04-25 17:52
残業上限
at 2017-03-31 23:14
社会保険料率の変更
at 2017-02-28 18:46
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2014年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧
パートタイム労働法の改正
正社員との差別的な取り扱いを禁止するパートタイム労働法が
改正され4月23日に公布されました。

改正の趣旨はパートタイム労働者の公正な待遇を確保、
納得して働くことができるようにするという点です。

改正前は差別的取扱いが禁止されるパートタイム労働者の範囲が
①職務内容が正社員と同一
②人材活用の仕組みが正社員と同一
③無期契約労働を締結しているパートタイム労働者であること
とされていました。
今回の改正で③については廃止され、有期契約のパートタイム労働者にも
適用されるように、範囲が広がりました。

またパートタイム労働者を雇い入れた際に
賃金制度、教育制度、福利厚生施設、正社員転換制度などの
雇用管理の改善措置について説明することが義務化されました。

今まで雇入れ時にきちんと説明していなかった。
説明しているがきちんと説明できているか不安がある。
という企業の方はトラブル原因にもなりかねませんので
お気軽にご相談下さい。

愛知 名古屋 社労士 人事パートナーズ 齋藤
[PR]
by jinjipartner | 2014-04-25 19:46
はじめまして

 はじめまして
 
 4月13日より、勤めさせていただくことになりました。
 菱田と申します。
 色々とご迷惑をおかけすることがあるかと思いますが、
 何卒、よろしくお願いいたします。
 
 さて、まだ勤め始めて
 2日経過した本日ですが
 忙しさに あっ!という間に
 時間が過ぎていきます。

 日々勉強あるのみだと思います。
 少しでも皆様のお役にたてる人材に
 なりたい!!と
 いう気持ちを胸に
 日々 努力してまいります。

 愛知 名古屋 社労士 人事パートナーズ 菱田
[PR]
by jinjipartner | 2014-04-15 18:44
就職促進定着手当について
雇用保険法の改正により、
平成26年4月1日より「就職促進定着手当」の支給が受けられることになりました。

就職促進定着手当とは、再就職手当の拡充の一つで、
再就職手当の支給を受けた方で、再就職先に6か月以上雇用され、
再就職先での6か月間の賃金が、離職前の賃金よりも低い場合に、
基本手当の支給残日数の40%を上限として、
低下したした賃金の6か月分を支給するものです。

支給対象者は、次の要件をすべて満たしていることが必要です。

1. 再就職手当の支給を受けていること
2.再就職の日から、同じ事業主に6か月以上、雇用保険の被保険者として雇用されていること
(起業により再就職手当を受給した場合には、「就業促進定着手当」は受けられません)
3.所定の算出方法による再就職後6か月間の賃金の1日分の額が、離職前の賃金日額を下回ること

また、支給額は、
(離職前の賃金日額-再就職手当の支給を受けた再就職の日から6か月間に支払われた賃金額の1日分の額)×再就職の日から6か月間内における賃金の支払いの基礎となった日数
となります。

これは、早期に再就職した雇用保険受給者の
職場定着を促進するためのものです。
そのため、職場定着を促進することで、採用側も長期に渡る雇用を
期待することができるのではないでしょうか。

半年後からの支給となるため、今後、この法改正でどれだけの
雇用定着を図ることができるか気になるところです。


愛知 名古屋 社労士 人事パートナーズ 岡田
[PR]
by jinjipartner | 2014-04-07 18:32
育児休業給付金の支給率が引き上げられました。
育児休業給付金は、原則子供が1歳になるまでの間、休業開始前の賃金の50%が支給されていましたが、平成26年4月1日以降に開始する育児休業からは、育児休業を開始してから180日目までは
休業開始前の賃金の67%が支給されることになりました。

※育児休業を開始して181日目からは従来通り休業開始前の賃金の50パーセントが
  支給されます。

※平成26年3月31日までに開始された育児休業は、これまで通り育児休業の全期間に
  ついて休業開始前の賃金の50パーセントが支給されます。


育児休業給付の対象者は、雇用保険の被保険者で育児休業に入る前の2年間、11日以上働いた月が
12か月以上ある人です。
支給期間は原則子供が1歳になるまでの間ですが夫婦揃って育児休暇を取得する場合は1歳2か月まで
支給され(パパ・ママ育休プラス)、また、保育所に入所できないなどの場合には1歳6か月まで支給期間を
延長できるケースもあります。

今回の支給率の引き上げはあまり育児休業を取らない男性に積極的に育児休業の取得を促すことが目的
のようですが、今後の動向に注目していきたいと思います。

愛知 名古屋 社労士 人事パートナーズ 中尾
[PR]
by jinjipartner | 2014-04-04 11:08