ブログ


社会保険労務士法人 人事パートナーズの従業員のブログです
by jinjipartner
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
平成30年より 配偶者控除が..
at 2017-12-22 19:37
平成30年4月1日まであと4..
at 2017-11-29 16:22
最低賃金の改定
at 2017-10-25 15:19
楽しいこと
at 2017-09-29 13:02
固定残業制導入のポイント①メ..
at 2017-06-08 08:55
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
平成30年より 配偶者控除が現在の103万円から150万円に引き上げられることになりました。

同時に夫の年収制限も新たに改正見直しされ、
夫の所得金額が1,000万円を超えてくると配偶者控除が利用できなくなります。
配偶者控除とは、配偶者(妻または夫)の合計所得金額38万円以下
(給与所得での年収なら103万円以下(改正後150万円以下))の場合、
使える所得控除です。

配偶者控除の上に配偶者特別控除があり、
年収が増えると控除される配偶者特別控除も
段階的に減っていき最終的に控除がなくなります。

今回の配偶者控除の改定・見直しに合せて、
配偶者特別控除も141万円から201万円に改定・見直しされます。

配偶者控除を使うことのできる人は、その年の1231日現在で
以下の4つの要件すべてに当てはまる人が対象です。

 
 ・世帯主と生計と共にしている(生計を一にしている)
  < 別居していても生活費が仕送りされている等も該当します。>

 ・民法の規定による配偶者である(事実婚・内縁関係は該当しない)
  <婚姻届が提出されている法律婚の配偶者のことです。>
 ・配偶者の年間合計所得金額が38万円以下 
  <給与収入のみの場合は年収103万円以下>

 ・青色申告者の事業専従者として1年間一度も給与の支払を受けていない、
  白色申告者の事業専従者でない
(例えば個人事業主の夫などから給料を受けている妻のことなど)


150
万円の壁に引き上げといっても、実際には社会保険料のことを考えると
130万円の壁のことも考えなければいけません。

収入が150万円までであればたしかに税金を安くすることができますが、
今までは夫1人分の社会保険料で済んでいたものが、
夫婦それぞれで社会保険料を支払うことになってしまいます。
どういう働き方をしたらいいのか考えてみるといいと思います。

愛知県 名古屋 社労士 人事パートナーズ 松岡



[PR]
# by jinjipartner | 2017-12-22 19:37
平成30年4月1日まであと4か月!「第二種計画認定・変更申請書」の認定は受けましたか?
平成25年4月1日に改正労働契約法が施行され、
いわゆる無期転換ルールが定められました。

無期転換ルールとは
有期労働契約が反復更新されて通算5年を超えたとき、
有期契約労働者の申込みによって
労働契約が無期労働契約に転換するというルールです。

このルールの対象となる有期契約労働者は、
一般的には「契約社員」、「パートタイマー」などですが、
定年後引き続き雇用されるいわゆる「嘱託社員」
も対象となります。

ただ「嘱託社員」については、
労働局長に「申請書」を提出し
「認定」を受けることで
無期転換申込権を発生させないとする
有期雇用特別措置法による特例が設けられています。

逆に言えば
この「申請書」を提出し「認定」を受けなかった場合は、
嘱託社員の有期労働契約が通算5年を超えたとき、
嘱託社員から申込があれば
無期労働契約に転換しなければならないということです。

嘱託社員について特例の適用を希望する場合は
「第二種計画認定・変更申請書」を作成の上、
労働局に提出し計画が適当である旨の認定を受ける必要があります。

今後平成30年3月末に向けて申請が増加することが予想されますので
早めに準備することをお勧めします。

※参考リンク
愛知労働局「有期雇用特別措置法による特例申請について」
http://aichi-roudoukyoku.jsite.mhlw.go.jp/hourei_seido_tetsuzuki/koyou_kintou/_122022.html

中島

[PR]
# by jinjipartner | 2017-11-29 16:22
最低賃金の改定
10月より最低賃金が改定されました。

東海三県では、愛知県845円→871円、岐阜県776円→800円、三重県795円→820円
と、いずれも20円以上引き上げれています。

最低賃金は、2015年に毎年3%程度引き上げることが表明されて以降、
全国加重平均で最低時給1000円を目指す姿勢となっています。
今年度の最低賃金の改定に当たっても、引き上げの目安額は、
全国平均で25円増と過去最大だった16年度より高い上げ幅で決着しました。

また、先日の衆議院選では、自民党政権の継続が決定となり、
働き方改革において来年度も大幅な最低賃金引き上げが
予想されるかと思います。

中小企業の事業主様によっては、大きな影響を受けると感じられる方も
多くいらっしゃるのではないでしょうか。

そのため、厚生労働省は経済産業省と連携し、最低賃金の引上げにより、
影響を受ける中小企業に対して支援を実施しています。

その一つとして、業務改善助成金があります。
これは、中小企業・小規模事業者の生産性向上を支援し、
事業場内で最も低い賃金(事業場内最低賃金)の引上げを図るための制度です。
生産性向上のための設備投資などを行い、
事業場内最低賃金を一定額以上引き上げた場合、その設備投資などにかかった費用の
一部が助成されます。

こうした助成金を活用しながら、業務の効率化や働き方の見直しなど
を実施していくのも良いかもしれません。

岡田







[PR]
# by jinjipartner | 2017-10-25 15:19
楽しいこと
この仕事に就いてからエクセルの使用頻度が多くなりました。

昔はエクセルの便利さすら知りませんでした。

エクセルを活用すると仕事もはかどる!!
エクセルを理解できると楽しい!!


毎回の面倒な作業・・・
あるときふと「こうすればいいじゃん!」とひらめき、
(普通の方はすでに閃いているのかもしれませんが)
とっても楽な作業に変わりました。

エクセルってすごいなー、楽しいなー。

複雑な計算式を作っている最中は無心になれます。

でも、まだまだ理解できないことが多すぎます。
マクロも全く分かりません・・・。

時間ができたら本でも読んでみよう。



 本藤



[PR]
# by jinjipartner | 2017-09-29 13:02
固定残業制導入のポイント①メリット

中小企業で導入されることが多い固定残業制ですが、
今後数回に分けて注意すべきポイントをお伝えしていきます。

第1回目はそのメリットについて確認しておきましょう。


一般的に固定残業制とは、
あらかじめ一定の時間分の時間外労働等に対する残業代を
固定残業手当などとして支給する制度です。

たとえば30時間分の時間外労働に対する残業代を
固定残業手当として支給する制度を導入した場合、
その月の時間外労働が30時間以内に収まっていれば
追加で残業代を支給する必要がなくなる
という効果が得られます。

中小企業が固定残業制を導入する際のメリットは
大きく2つあると思います。


①給与計算事務が効率化できる
一般的に日本の中小企業では
仕事量に対して若干従業員を少なめに雇用しておいて、
仕事量の増加に対しては労働時間数の増加で対応します。

日本は解雇規制が厳しいため、
従業員数を柔軟に増減させて労働力を調整することが困難であること、
比較的時間外労働の割増率が低いため、
新たに人を雇うよりは時間外労働で対応したほうがコストメリットがあること
などがその理由として考えられます。

最近では残業ゼロを目指す会社も増えてきてはいますが、
まだまだ日本の中小企業では残業ゼロである会社は多くはありません。

通常どおり各人の時間外労働時間数に応じて残業代を支給するのであれば、
毎月給与計算の締日にタイムカードを確認して
正確に時間を計算する必要がありますが、
30時間分の残業代をあらかじめ支給することとしていれば、
タイムカードの確認は
30時間を超えているか否かのみとなり
給与計算事務を効率化することができます。


②総支給額の逆転を防止できる
労働基準法は工場労働者を対象とする
工場法をもとに発展してきた法律であるため、
基本的には労働時間と成果が比例す
るという考え方がベースにあるように思います。

しかし第3次産業従事者が大半を占める
現代の日本の経営者および従業員にとっては、
労働時間と成果が比例すると考えて
いる方は多くはないのではないでしょうか?

たとえば効率が悪く夜遅くまで働くのにあまり成果が残せないBさん
と、
効率よく働き定時でさっと退社し成果もばっちり残してくれるAさん
を比較して、
労働時間数に応じた残業代を払うことで
Bさんのほうが給与が多くなってしまう現象に悩まれている
社長は少なくありません。

このような場合、固定残業制を導入し、
適切な時間数を設定しておけば、
社長のストレスとなっている成果と給与額の逆転現象
を回避することが可能となります。


「給与計算事務など売上に直接つながることのない間接的な事務コストは極力抑えたい」
「大企業と比べ成果と給与の関係がいやでもよく見えてしまう」

そんな中小企業において、
固定残業制の導入のご相談が多い理由はおそらくこういったところにあるのでしょう。

愛知県 名古屋 社労士 人事パートナーズ 中島


[PR]
# by jinjipartner | 2017-06-08 08:55